離婚で幸せになる人不幸になる人

離婚の知識 

うまく別れるための協議離婚の交渉から調停離婚・裁判離婚まで問題点と手続きをわかりやすく説明します。

サイトマップ

協議離婚はお互いの合意だけで成立する

離婚するには離婚する意思と離婚届の提出が必要条件

協議離婚の問題について事例で説明しましょう。



M子さんは極めて有能は主婦です。

しかし、結婚の際仕事を辞めたことを後悔しています。

いまから考えると結婚退職をする必要がなかったのです。

主婦の仕事は際限がなく、特に子供が生まれてからは戦いでした。

その子もやや成長したので少しは楽になっていますが、家事の量はかえって増えているのです。

しかし、夫のT夫は理解がありません。

「俺の稼ぎで食べさせてやってるんだ」まるで遊んでいるように言うではありませんか。

「では、私の家での仕事をどう思っているのよ」「だけど金を稼ぐわけじゃないだろう」などと言い合いになり、ゴチャゴチャしたあげく、ついに離婚という結論になりました。

離婚ということになったものの、話し合いの最初は、財産分与、慰謝料、子供の親権者、養育費などについて話がまとまらず、M子さんも離婚訴訟をする他ないかと思いました。

しかし、訴訟となると離婚理由が必要です。

夫は浮気をしたわけでもなく、生活費は家に入れているし世間並にはよい夫ということで、裁判所に出すほどの離婚理由はないのです。

調停なら理由はいらないのですが、相手の同意がないと成立しません。

協議離婚なら法定離婚事由がなくても離婚できる

冷静に話しあってみると、夫も離婚は仕方ないと納得したらしく、親権者は夫にするが、事実上の養育者つまり監護者はM子さんにしてもよい、養育費も父親として必要な金額は送る、というのです。

財産も半分に分ける、ただし、慰謝料は自分に落ち度のある離婚ではないから払わないと言っています。

M子さんも訴訟で頑張っても有利にはならないと思い、夫の言う線で同意し協議離婚をすることにしましたが、果たしてこんあ理由で協議離婚の届ができるか心配です。

しかし、心配はいりません。

協議離婚の場合、双方に離婚の意思があればよく、離婚届は受け付けられればいいのです。

離婚届に離婚理由の記載は必要ありません。



協議離婚で決めなければならないことは

協議離婚の手続き

財産分与はケースバイケース

厚生年金は分割してもらえる

年金分割の方法と手続き

ローン付マンションでも分与してもらえる

財産分与を少しでも多く取りたい

慰謝料が不要のケースもある

婚姻期間が長いと一般的には給付金は多い

子供の親権者が決まらなければ離婚できない

親権者になれなくても子育ての方法がある

離婚後も子供に会う方法がある

妻が勝手に離婚届を出した

離婚届に判を押した後に気が変わった

離婚調停成功マニュアル 澁川良幸離婚カウンセラーによる最新ノウハウ
離婚の方法と手続き
離婚する前にこれだけは知っておこう
協議離婚はお互いの合意だけで成立する
協議離婚で決めなければならないことは
協議離婚の手続き
財産分与はケースバイケース
厚生年金は分割してもらえる
年金分割の方法と手続き
ローン付マンションでも分与してもらえる
財産分与を少しでも多く取りたい
慰謝料が不要のケースもある
婚姻期間が長いと一般的には給付金は多い
子供の親権者が決まらなければ離婚できない
親権者になれなくても子育ての方法がある
離婚後も子供に会う方法がある
妻が勝手に離婚届を出した
離婚届に判を押した後に気が変わった
調停や審判前に家庭裁判所の相談室を利用しよう
調停で離婚に応じないときは訴訟をする
離婚訴訟に勝つための証拠の集め方と出し方
リンク集

20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
ゆうちょ銀行 ローン























































離婚の知識 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。