離婚で幸せになる人不幸になる人

離婚の知識 

うまく別れるための協議離婚の交渉から調停離婚・裁判離婚まで問題点と手続きをわかりやすく説明します。

サイトマップ

離婚する前にこれだけは知っておこう

離婚したいけれど、どう進めてよいかわからないという人もいるでしょう。



本来「法は家庭に入らず」という法諺があるように、家庭内で起こる問題については、できるだけ当事者に任せ、法律がタッチするのは最終的な場面に限るというのが、日本の法律の建前です。

ですから、離婚も、まず当事者の間で話し合いをし、離婚についての話がまとまれば、離婚する理由のいかんを問わず、離婚することができます。

このような離婚の方法を協議離婚といい、実際に離婚する人の9割以上が協議離婚によっています。

後は、市町村役場から離婚届の用紙をもらってきて、所定の事項を記載し、署名・押印して、窓口に提出して受理されれば離婚は成立します。

夫婦のどちらか一方が離婚に反対したり、あるいは離婚してもよいが、財産分与、慰謝料、養育費などの金銭問題、あるいは子供の親権をどちらにするかなどの離婚条件について反対しているときには、どうすればよいでしょうか。

離婚の場合は、いきなり裁判所へ訴訟を起こすことはできません。

訴訟を起こしたい場合には、まず家庭裁判所で、離婚の調停をしなければならないことになっています。

これを調停前置主義と言っています。

家庭裁判所では、調停委員を交えて話し合いが行われ、ここで離婚の話し合いがまとまれば離婚できます。

これを調停離婚と言います。

離婚調停中に、調停はまとまらず、調停委員が、審判に回したほうがよいと判断した場合、あるいは離婚自体には応じるが、金銭問題の話がつかないときには、家庭裁判所で審判をしてもらうことになります。

審判は家庭裁判所の下すもので、話し合いを行うわけではありません。

これによる離婚を審判離婚と言います。

調停がまとまらず、また審判に納得がいかなければ、裁判所に離婚訴訟を起こして離婚の請求をすることになります。

ただし、この場合、後に紹介する法定の離婚原因がなければなりません。

これが裁判離婚です。

離婚裁判の間で、裁判官が和解を勧めます。

ここで合意できれば和解調書が作成され離婚が成立します。

これが和解離婚です。



迷ったら各種の相談所を利用

離婚では決めなければならない

親権者を決めないと離婚できない

離婚の成立には正当な離婚届の受理が必要

冷静に考えるための別居は意味がある

離婚理由があれば離婚は認められる

離婚に際して必要な手続きは多い

調停離婚・審判離婚でも離婚の届出をする

裁判離婚したときも離婚届出は必要

配偶者が外国人の場合の離婚手続は大変

離婚で戸籍はこう変わる

旧姓に戻っても子供を同じ戸籍に入れよう

離婚では財産分与の請求ができる

財産分与を決めずに離婚するのは危険

不貞が原因の離婚なら慰謝料を請求できる

子供の養育費や学費の決め方

約束した養育費の支払いを確保する方法

内縁の場合も財産分与や慰謝料を請求できる

再婚は離婚後6ヶ月はできない

離婚直後の出産は前夫の子と推定される

親権者の変更ができる場合もある

生活に困ったら国の援助を利用しよう

離婚調停成功マニュアル 澁川良幸離婚カウンセラーによる最新ノウハウ
離婚の方法と手続き
離婚する前にこれだけは知っておこう
迷ったら各種の相談所を利用
離婚では決めなければならない
親権者を決めないと離婚できない
離婚の成立には正当な離婚届の受理が必要
冷静に考えるための別居は意味がある
離婚理由があれば離婚は認められる
離婚に際して必要な手続きは多い
調停離婚・審判離婚でも離婚の届出をする
裁判離婚したときも離婚届出は必要
配偶者が外国人の場合の離婚手続は大変
離婚で戸籍はこう変わる
旧姓に戻っても子供を同じ戸籍に入れよう
離婚では財産分与の請求ができる
財産分与を決めずに離婚するのは危険
不貞が原因の離婚なら慰謝料を請求できる
子供の養育費や学費の決め方
約束した養育費の支払いを確保する方法
内縁の場合も財産分与や慰謝料を請求できる
再婚は離婚後6ヶ月はできない
離婚直後の出産は前夫の子と推定される
親権者の変更ができる場合もある
生活に困ったら国の援助を利用しよう
協議離婚はお互いの合意だけで成立する
調停や審判前に家庭裁判所の相談室を利用しよう
調停で離婚に応じないときは訴訟をする
離婚訴訟に勝つための証拠の集め方と出し方
リンク集

20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
円預金 金利






















































離婚の知識 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。